借換えが得意な税理士とは

借換えが得意な税理士とは

銀行などの金融機関から融資を受けている方は、毎月の返済が厳しくなってきたときや、
金利が下がったときなど、適切なタイミングを見計らって定期的な見直しを行い、
「借換え」を行おうかと検討している方も多いのではないでしょうか。
 
ここでは、借換えに関する基本知識や、借換えをすることによる効果やリスク、
そのほか借換えを得意とする税理士に関してなど、
これから借換えを行おうと検討している方は必見の有益な情報をご紹介します。
 
目次
借換えについて
・借換えとは
・借換えを検討するタイミング
・借換えにより得られる効果
・借換えをするリスク
借換えが得意な税理士に依頼をする
・借換えが得意な税理士の特徴とは
・現在の業績や今後の見通しをよく把握する
 
1.借換えについて
銀行などから融資を受けて事業を進める企業の中には、様々な理由から「借換え」を検討されている
担当者も多いようです。
まずは、はじめて借換えを意識した方にぜひ覚えておいていただきたい、
借換えの基本や効果、リスクなどを見ていきましょう。
 
1-1.借換えとは
「借換え」とは、銀行などの金融機関から借入をした(融資を受けている)ローンを、
異なる金融機関からの借入をして得たお金で返済すること
をいいます。
借換えを行う場合は、すでに組んでいるローンよりも有利な条件で借入をすることが絶対条件といえます。
 
このように借換えの基本を見てみると、ただ単にメリットが注目されがちですが、
メリットがあればデメリットもあることを踏まえた上で、
失敗のない借換えを行うことが非常に重要だといえるでしょう。
 
借換えは、元々高い金利で組んだローンを、新たに低い金利のローンで組み直すことで、
借金の返済をスムーズに進めていくという方法です。
場合によっては、複数の金融機関からローンを借り入れることもありますが、
これらのローンを一つにまとめて一本化することを「おまとめローン」といいます。
 
1-2.借換えを検討するタイミング
借換えを検討するタイミングとしては、「転職をするとき」、「収入が下がるとき」、
「毎月の返済が苦しくなってきたとき」、「金利が下がっているとき」、
「金利が上がりそうだと感じたとき」
などです。
 
上記のようなタイミングを意識することで、有効な借換えを実施することができるようになるでしょう。
 
1-3.借換えにより得られる効果
・金利の引き下げが期待できる
借換えにより得られる一番の効果、それはローン返済に大きく関わる
「金利の引き下げ」が可能になるという点です。
 
金融機関に借入したローンを、借換えで得たお金で全額を返済するためには、
新たなローンに掛かる利息や返済期限などにより大きく影響されるといえます。
 
借換えによる効果を得るためには、新たに借入を行う金融会社とのローンの金利が、
出来るだけ安くなるようにすることが大切
です。
 
経済的なメリットに繋がる
金利の引き下げにより大きな効果を得ることができれば、「経済的なメリット」に繋がるといえるでしょう。
これまでのローン返済よりも、低い金利のローンで借入をすることから、
毎月の返済額が抑えられ、結果的に経済的なメリットを生むことができるのです。
 
1-4.借換えをするリスク
毎月の返済が厳しくなってきた方や、今後収入が減ることが予測される方などにとっては、
借換えを検討することは非常にメリットが大きいといえます。
しかし、全ての方にとってメリットになるかといえばそうではなく、
良い話には必ずリスクが伴うことも忘れてはいけません。
 
金融機関との信頼関係に影響する可能性がある
借換えを行うことはメリットも多くありますが、反対に「金融機関との信頼関係に影響する可能性がある」
というリスクを伴うことを、決して忘れはいけません。
会社を設立してから現在に至るまで、長く付き合いを保ってきた金融機関とは、
最悪の場合、関係を打ち切られる可能性があることを考慮しなければなりません。
 
長年、深い信頼関係を築いてきた金融機関には、返済実績や取引の長さを考慮してもらい
難しい借入金額に対しても、融資を受けられるといった可能性が高くありました。
しかし、借換えをして別の金融機関にてローンを組むようになれば、
その信頼関係を断ち切られてしまっても文句は言えない
のです。
 
将来的に、改めて高額な融資を受けたいと思ってはいても、
新たな借入先から融資を受けられるかどうかは定かではありません。
新たな借入先と信頼関係を築くには、これまでの借入先と同じように、
長きに渡り返済実績などを積む必要がある
からです。
 
借換えコストが掛かるというリスク
借換えは、単に金利が低いローンを組むことで完結する話でありません。
借換えを行うためには、少なからず「登記手数料」「保証料」「税金」
といったコストが掛かることを忘れてはいけません。
 
手数料や税金といったコストに関しては、新たに借入をする金融機関から提示された金利などのメリットを
シミュレーションすることによって、プラス効果があるか否かを判断する必要があります。
 
例えば、借換えをした時の新たな金利をものにシミュレーションを行います。
そして、シミュレーションで計算した費用と、借換えをした際に発生する手数料や税金などの合計との「差額」に着目します。
 
金利が低くなったことにより導き出した経済的なメリットと、借換えで発生するコストを比較した時に、
経済的なメリットの方が借換えコストよりも金額が高くなれば、
借換えをした方がメリットは高くなる
といえるのです。


東大阪 税理士

大阪 税理士

借換え得意 税理士